そんな事=社長にしつようにセクハラをされました

 そんな事があったので私は反撃に出る前にまず、味方を作ることにしました。
 食事の際にトイレで助けを求めた男友達とも改めてじっくり相談する機会を設けてもらったのですが、彼も甚く同情してくれました。
 彼や、もう1人社内で比較的仲良く話す男性社員にも、私の手術による妊娠しにくい身体になったことを話したのですが、2人共、体を気遣ってくれる言葉しか言わなかったので、きっとこれが一般的な男性の反応だと信じてます。
 過去にもそういった男性にしか巡り合わなかったので、私は女性器を切り取った話にしても、手術前なら生理の話なども男性に話しても恥ずかしいことと思っていなかったのですが、初めて都市伝説とばかり思っていた気持ち悪い解釈をする脳みその持ち主(もちろん社長)と出会ってしまったのか……と、後悔とも違う何とも言えない複雑な感情を抱いてしまいました。
 だからといってそれは、今後は男性い相手にそういった話をしないようにしようという教訓ではなく、そういった話をされてもセクハラに結び付けるな、間違っているのはお前だと相手にキツく言うべきだという教訓にしかなりませんでしたが。
 友人にも包み隠さず言いましたが、仮に友人や同じ話をした男性社員も、妊娠しにくい=中出しOKと、社長と同じ解釈をしたとします。
 が、それを表に出さなければ全然良いと思います。
人間だもの、妄想ぐらいします、私を含めて。
 問題なのは、その妄想を頭の中から出してしまう事です。
 話の合う人同士でその妄想を語り合い、盛り上がるのはギリギリセーフですが、本人に言うなんてアウトオブアウトでしょうに。
 そういった事は、平成から徐々に減って、令和には綺麗さっぱり無くなってくれていたものと思ったのですけれどね。
 会社のトップがこれなんだから、要するにこの会社は令和に相応しくないという事です。
 個人的に注意する価値も無い、煩悩が全て消えるまで社会に出て来なければ良いんですよこんな奴。